【XBOX360】アリスマッドネスリターンズをプレイしての感想

アリスマッドネスリターンズをプレイし始めました。
今一章をクリアした所なんだけども、今のところの印象は、かなり良い。
ただし、前作「アリスインナイトメア」をプレイしていないと、狂ったワンダーランドの住人達とアリスとの会話には置いてけぼりを食らうかもしれない。

とはいえ、前知識無しでも十分に楽しめると感じているので、このままサクサク進めたいところです。

110801_game_001

画像はメニュー画面。
メニュー画面のアリスは、ストーリーを進めていくとカスタマイズできるようになっていく。
画面の写真は、武器とドレスを既にカスタマイズしたもの。

“ちゃんと”デフォルメされた独特の世界観の中で、アリスだけが美しい。
この世界観で、まずは面白いと感じる。
狂気に満ち、恐怖を煽り、それでいて美しいその世界は…さすが名作と謳われた作品の正統後継作と言えるだろう。

ガッツリアクションでは無いが、乙女の世界だからとナメてはいけない。
油断するとあっさりその魂は蝶になって砕け散るだろう。
ちなみにCERO Z(18禁)なのでご注意を。

暫くは、この美しくも狂った世界を楽しもうと思います。

2011年8月3日追記

アリスマッドネスリターンズを楽しみ中。
「さまよう亡霊」と戦うのに手こずる人が出るんじゃないかなぁと思うのでヒントを。
ウサギの時限爆弾はオトリになるので、そっちに注意をひきつけて戦うのが吉。

手持ちの爆弾をペッパーミルで撃って爆破する、潜っているところをホビーホースで叩く、
潜りからの振り下ろし攻撃2発目をスカさせる、突進攻撃後のスキがそれぞれ反撃のチャンス。

爆弾は無理に狙わない方が良いです。下手すると体力の無駄遣いなので。

2011年8月6日追記

さて、アリスマッドネスリターンズにすっかりハマってしまっている感じ。
ストーリーも気になるし、ゲームとしても面白い。
これはいい感じにやり込めそうです。

現在、第5章をプレイ中なのでもうじきクリアですかね。
現実パートがどんな結末を迎えるのか楽しみすぎて、早く進めたい…

110806_game_001

赤の女王が可愛い。
台詞はボカシを入れてあります。

2011年8月19日追記

アリスマッドネスリターンズの実績1000を達成!

110819_game_001

しっかり楽しむことが出来ました。
ビジュアルだけでなく雰囲気も精神的に怖い作品なので、そういうのが苦手な人にはオススメできませんが、
逆にそういうのが好きな人はぜひプレイすべき作品です。

2014年9月18日追記

2011年のソフト、アリス:マッドネスリターンズの画集を今更ながら購入。
出てるの知らなかったんだよ…

140908_game_001

アリス:マッドネスリターンズは、前作アリス・イン・ナイトメアの続編にあたる作品。
家族を火事で失い、長い間精神を侵されていたアリスが、失われた記憶と壊れ行くワンダーランドを救うために戦う今作。
肉体的・精神的な苦痛が世界の至る所に現れており、そういったものが苦手な人には直視できないビジュアルが展開される。

デカダンスでグロテスク。
しかし、細部まで拘って作りこまれた世界の完成度は高く、その狂った世界にぐっと引き込まれてしまう魅力がある。

この画集はハードカバーで、180ページ以上にも及ぶボリュームでありながら、フルカラーという贅沢なもの。
それでいて価格は良心的だ。

背景美術だけでなくアリスの衣装や武器もしっかり載っており、アリスの様々なスケッチも見ることができる。
テキストは全て英語なのだが、英語が読めなくてもビジュアルだけでも十分その世界を満喫できる。

しばらくこうしたアートブックを買うことは無かったんだけど、手を出してみたくなるなぁ。

2017年1月26日追記

メディアサイトを見ていたら、嬉しいニュースを発見。

Xbox 360版『アリス マッドネス リターンズ』、無料の前作『アリス イン ナイトメア』と共に後方互換に対応。Xbox Oneでプレイ可能に(リンク先サイト:AUTOMATION)

1月25日、マイクロソフトのXbox Liveプログラミング担当ディレクターであるラリー・ヒリブ氏のTwitterで、
「アリス:マッドネスリターンズは、後方互換でXBOX ONEでもプレイできるようになりました」、という内容のツイートがあったようです。

ということで、ソフトを持っていればXBOX ONEでもプレイできるようになったようですね。
名作が新しいハードでもプレイできるようになるのは、嬉しい事です。

<スポンサードリンク>

宜しければこちらもどうぞ

コメントはお気軽にどうぞ(承認制)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。