【和歌山県】紀州梅干館、アドベンチャーワールド

我が家では恒例となっている、旅行の季節がやってきました。
今年は、去年と同様和歌山へ。

白浜には時間の都合で行けなかったので、今年は白浜をメインに予定を組んで出かけてきました。
1日目の目的は「梅干作り体験する」「とれとれ市場に行く」「アドベンチャーワールドに行く」の3つ。

予定なら、お昼ごはんを食べ終わって少しすれば最初の目的地に着くはずだったんだけど…予想外の事故渋滞が発生。
当初の予定が2時間ずれ込むという事態に。
ただでさえ渋滞が酷い阪和が、もう最悪の状態に…30分で100mしか進まなかった時はどうしようかと思ったわ。

結局、最初の目的地に到達できたのが15時頃…

150921_travel_001

最初の目的地は、梅干作り体験ができる梅干館。
ここでは、予約しておくと一人2000円でマイ梅干作り体験ができるのだ。

我が家は夫婦共に梅干好きなので、紀州に行くなら体験しておこう!ということで予約しておいたのである。
まず最初に、和歌山県で生産される梅干いついて軽いプレゼンテーションを聞いてから、これから作ることができる梅の試食。

150921_travel_002

写っているのは「いきな」という、今回選べる味付けの一つ。
正に梅干!という酸っぱさで、思い出すだけで唾液が出てきてしまう味だ。

体験用に別途用意された、調味前の梅干を16個自由に選び、タッパーに移していく。
上の写真と比べると、赤みが全く違うように、調味液によって色も変わってくるようだ。

150921_travel_003

写真の右側に写っているのが、梅干に味付けをする調味液。
調味液は、5種類の個性的な調味液を自分好みにブレンドして作る事が出来る。

私はカツオの香りが美味しい液をベースに、酸味と甘みをブレンドしてちょっと甘めに調整。

150921_travel_004

調味液にひたひたに使った梅は、2週間ほど漬け込むと食べごろになるので、予定は10月に入ってからということになる。
出来上がりが今から待ち遠しい!

マイ梅干を作ったら、次はアドベンチャーワールドへ向かう道中にある「とれとれ市場」に寄り道してぐるっと見て回ってから、
いよいよアドベンチャーワールドへ。

150921_travel_005

来たよ!個人的にも一度来てみたかったんだ!
到着は結局夕方になっちゃったけど、元々閉園(今は20:00までやっている)までいるつもりだったので
長女のかにみの事も考えると時間的には丁度良いかな。

150921_travel_006

夕焼けが作るシルエットも、また良いね。
かにみも、色々な動物が見れて大興奮の様子。
家族の笑顔を見ると、運転の疲れも全部吹っ飛ぶってもんだ。

特に気に入っていたのはペンギンで、エントランス入ってすぐの噴水で泳ぐペンギンから暫く離れようとしなかった。
触れるんじゃないかって距離感にペンギンがいるので、子供ならず大人までもテンションが上がる。

150921_travel_007

パンダの優浜(ゆうひん)。
器用に笹を剥いて食べていました。
さすがにパンダの前は人だかり。

150921_travel_008

ナイトサファリを楽しむなら、ということでケニア号に乗車。
これは無料で乗ることができる。

草食動物から肉食動物まで、ぐるっと見て回る事ができるし、動物についての解説が放送で流れるので解りやすい。
かにみも、初めて見る動物もいてかぶりつきで見ていました。

150921_travel_009

もちろん、双子のパンダも見てきましたよ。
コロコロで可愛かった!

結局3時間程の時間だったんだけど、色々見れて満足。
閉園時間にあわせて、ホテルへと向かいます。
今回は、紀州南部ロイヤルホテルに宿泊。

前回の串本と同じ系列のホテルですな。
アドベンチャーワールドから1時間もかからないので、宿泊には向いているんじゃないかな。

ただ、ホテルに続く一本道には街灯が無いので、初見はちょっと怖かったですね。
ゆっくり温泉に浸かって、明日は大阪方面に戻りながらの2日目です。

2015年10月5日追記

先月の和歌山旅行で作った、マイ梅干。
出来上がりの日が今日なので、早速開封してみました。

封を切ると、調味液の香りがふわっと広がる。
漬け込んだ時よりも赤味が増していて、梅干らしい色になった印象だ。

早速取り出して、ホカホカのご飯の上へダイブ。

私好みのカツオベースに仕上がっていて、ご飯が進む!
紀州の梅なので美味しいのは勿論なんだけど、自分で調味したっていうこともあって一層美味しく感じるんだろうなぁ。
旅行に行く時、お店に売っているお土産もいいけど、こうして思い出と一緒に楽しめる「体験」ってのもいいなと感じる瞬間だ。

特に、子供がもう少し大きくなったらそういう体験も沢山させてあげたい。
あの時あれやったよねって、今も私が親と話をするように、20年先の未来へのお土産になるからね。

2015年10月20日追記

このうどん、赤いんです。

これ、和歌山名物の「梅うどん」というもので、シルバーウィークに和歌に行った際に購入したもの。
梅入りのうどんなんて面白いねって事で買ってみた。

まぁ、私の地元岡山では柿やら桃やらをカレーに入れちゃうしね。
身近な食べ物に名産品を組み合わせる発想って大事よね。

で、この梅うどん。
色が赤いだけでなく、食べると勿論梅の香りとほのかな酸っぱさがあって美味しい!
和歌山での梅体験は、マイ梅干、マイ梅干の調味液で浅漬け、そしてこの梅うどんと色々楽しめたなぁ。

<スポンサードリンク>

宜しければこちらもどうぞ

コメントはお気軽にどうぞ(承認制)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。