ここで見る、最後の桜を見上げて「ありがとう」と言った朝

冷え込んだ空気がふわっと暖かくなり、三寒四温の時期も終わりを迎えようとしている。
例年、ここの桜は今頃に芽吹き、花を咲かせる。
毎年、この時期が来るのが楽しみだったし、ここ数年は毎年写真を撮っている。

と、いうのも、桜並木が毎日通る道にあるからだ。

今年も例年のように綺麗な花を見せてくれ始めた、オカメザクラたち。
自宅から遠い場所にあることが悔やまれるなぁと、ここ数日感じている。

おそらく、来年はここの桜を見ることは無いだろう。
理由は単純で、来年の今頃、私はこの道を通ることが無くなっているからだ。

桜は、春を告げる儚い舞台女優。
毎年、この晴れ舞台の為に美しく咲き、そして潔く散る。

彼女から、私はどれだけの元気をもらったことだろう。
たかが花、と気にしなければ、ただひとときの景色にすぎないが、私にとっては厳しい冬を乗り越えた生命の息吹を感じられる時期でもあったから、好きな景色の一つだった。

あらゆるものは、変わる。
変わらないものなど、ありはしない。
重要なのは、どう変わるか、だ。

そして、どう変わるかは、常に自分で決めることができるということ。
その選択が正しかったのだと、来年の春にそう笑えるように日々を愛そう。

<スポンサードリンク>

宜しければこちらもどうぞ

コメントはお気軽にどうぞ(承認制)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。