母の日に、Burgon & Ballのガーデニンググッズを贈った

GW初日となった今日、田舎の両親が大阪まで遊びに来てくれた。
連休後半は例年のごとく沼島へと行く事になっているので、遠出続きは辛いだろうとわざわざ来てくれたのだ。

いつもは何か両親に大阪での用事があって、ついでに我が家にも寄るというケースが多いのだが、今回は我が家への訪問がメイン。
私としても、ゆっくりと孫に会わせてあげられるのは嬉しい限り。

人を喜ばせるのが好きな母は、毎回決まって我が子にプレゼントを買ってきてくれる。
今回も色々と用意してくれていて、その中でも特に大好きな「おままごとグッズ」に我が子大興奮。

最近は会話でのコミュニケーションができるようになってきたので、早速「おままごと」に巻き込まれる両親。
それを嬉しそうに受ける両親を見て、私は心底嬉しかった。

タイミングを見て、私から母へのプレゼントを渡す。
ちょっと早いけど、今日の為に用意しておいた母の日の贈り物だ。

今回も、去年と同様にBurgon & Ballのハンドトロール&フォークのセットと、同じデザインのグローブ。
RHS(英国王室園芸協会)推奨のアイテムということで、ガーデニングが好きな母にはピッタリ。

ところが、良いものなので使うのがもったいないと、去年贈ったジョウロも飾っているという母。
「違うんだよ、こういうのは使って汚れや傷がついて、初めて庭の空気と一体になるんだよ。
写真の小道具としても活きるんだよ」と言って、使いつぶしてくれるように言う。

道具は使ってナンボ。
母の日は年に1回しか無いのだから、私にできる範囲で良いものを贈りたい。
そして、それを飾るんじゃなく、擦り切れるまで使ってくれたらいい。

久々に両親と食事ができたし、両親も大満足だったようで有意義な一日が過ごせた。
私にとっての親孝行は、親が笑顔になれることをする、それに限る。

次は父の日だなぁ…
去年はベルトだったので、今年はどうしようかな。

<スポンサードリンク>

宜しければこちらもどうぞ

コメントはお気軽にどうぞ(承認制)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。