LUMINOX 3001BOのベルト交換を自分で行う

愛用の腕時計である、LUMINOX 3001BO。
買ってから約3年間、特にここ1年位はヘビーユーズしてきた。
ラバーベルトは交換が必然であり、いずれはその時が訪れるのは分かっていたんだけど…

161013_notes_001

遂に亀裂が入り、腕時計として使えない状態に。
ラバーベルトは自分で交換することもできるので、交換用ベルトを買って自分で交換することにした。

161013_notes_002

とはいえ、純正は正直高い。
純正品は割高感があるので、価格が1/3程で手に入るものにすることにした。

純正品と異なるのは、ベルトにLUMINOXのロゴが入っていないのと、バックル部分に同じくLUMINOXの刻印がないこと。
そこに拘らないなら、これで十分だな、というのが正直な所だ。

購入したのは価格以外にも理由があって、私が購入したオンラインショップでは交換用の工具が付属していたこと。
ベルトのタイプによって使い分けられる「I型」と「Y型」の工具が付いていて、すぐに交換作業に取り掛かることができた。

161013_notes_003

ラバーベルトの場合は「Y型」の方を使って、時計本体からベルトを固定しているピンを取り外す。
しっかり手前に押し込めば、すんなりと取り外すことができた。

161013_notes_004

ベルトを取り外した様子。
後は、外したのと逆の手順で交換用ベルトを取り付けるだけだ。

残念ながら、交換用ベルトに付いていたピンはサイズが合わなかったが、
元々のピンを再利用することで交換することができた。

161013_notes_005

無事交換完了。
所要時間も大してかからないので、これは自分で簡単に換えられるなと実感。

暫く使い込んだベルトから、真新しいベルトに変わると最初は違和感があるが、すぐに慣れるだろう。

<スポンサードリンク>

宜しければこちらもどうぞ

コメントはお気軽にどうぞ(承認制)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。