Bloodstained: Ritual of the Night

※2019年7月26日に記事を更新しました。

2015年6月14日

実は、ここ暫く追いかけていたプロジェクトがある。
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で立ち上がった、Bloodstained(ブラッドステンド)というゲーム開発のプロジェクトだ。
これが無名のクリエイターなら、私もそこまで過敏に反応はしなかった。

しかし、提案者がIGAこと五十嵐氏だというなら話は別だ。
アクションゲーム、とりわけ「悪魔城ドラキュラ」シリーズのファンなら、その名を知らぬ者はいないであろうお方。

超ドラキュラを作るというコンセプトの元、世に送り出された「悪魔城ドラキュラ~月下の夜想曲~」をはじめ、
いわゆる「悪魔城シリーズ」の新世代ファン層を生み出した立役者だ。

しかし、今のコナミはグラディウス、ときめきメモリアル、悪魔城ドラキュラなどのタイトルを次々に切捨て、
遂にはメタルギアシリーズまで切り捨てようとしている様子が伺える。
公式サイトが経営方針からかソシャゲ色に変わり、コアゲーマーから絶望の声が挙がったのは記憶に新しい。

そんな中、この可能性を知った瞬間、私の心は久々に躍った。
IGAプロデュースのアクションゲームがまたプレイできるのか!?と。

クラウドファンディングは、発案者が目標金額を「出資」してもらうためにサービスの利用者に対してプレゼンを行い、
賛同者は出資を、発案者は出資額が目標額に達してプロジェクトが完了した際のインセンティブを提供することで成り立っているのだが、結果550万ドルの出資を突破。
目標額の10倍を超える出資額を得て、様々なプラットフォームへの移植も実現しそうだ。

もはやコナミには期待していないので、IGAVANIAから生まれる新たなゴシックホラーアクションに期待したい。
と、いうことで、私も微力ながら出資させていただいた。
クレジットに名前が載るので、完成が楽しみで仕方が無い。

今となってはベルモンド一族じゃなくても、ドラキュラが出てこなくても良い!
こんな機会は二度とないかもしれないし、微力ながら参加できた事が本当に嬉しい。

完成予定は2年後の2017年とちょっと先だが、今から待ち遠しくて仕方ない。

2019年5月21日追記

完成までに時間を要して、何度か発売が延期になっていた今作ですが、遂に発売日が決定!
世界同時発売ということで、PS4、Xbox One、Steam、GoGでは2019年6月18日、Nintendo Switch版は25日の発売になりました。

長かった…この記事を書いたのが2015年の6月なので、丸4年待ったことになりますね。
バッカーへの到着は発売日を見越して行われるようなので、今から到着が楽しみで仕方ありません。

チャットアプリのDiscordには本作の日本語チャンネルが開設されているので、気になる方はチェックしてみるのも良いかもしれないですね。

2019年5月28日追記

オフィシャルサイトがオープンしています。
Bloodstainedオフィシャルサイト
プレオーダーも開始されていますので、興味のある方はアクセスしてみて下さい。

2019年6月13日追記

5月末のバッカー向けメッセージで、日本国内の発売は2019年6月18日には行われない事がアナウンスされました。
流通の問題としかアナウンスが無く、バッカーとしては説明不足の状況に少々苛立ちを感じています。
ようやく発売にこぎつけた作品ですので、一日も早く日本での流通開始について情報が欲しいところではありますが、今のところ続報は届いていません。
無事に日本でも流通してくれることを祈るばかりです。

2019年7月26日追記

さて、国内での発売が2019年10月24日に決定したとの情報が出ましたね。
スイッチ/PS4『Bloodstained: Ritual of the Night』日本語パッケージ版を10月24日に発売! 初回特典は46曲収録のサントラCD | インサイド

日本のバッカーとしては事前情報なしだったので、いい加減日本人バッカーはナメられてるのかな?とすら思いますが、
まぁ国内流通が正式に決まったのであれば素直に喜ぶことにします。
日本流通のパブリッシャーが505ではない事は聞いていたので、その点は驚かなかったですが。

<スポンサードリンク>

宜しければこちらもどうぞ

コメントはお気軽にどうぞ(承認制)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。