【PS4】Bloodstained: Ritual of the Night(ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト)の攻略と小ネタ

Bloodstained: Ritual of the Night(ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト)をKickstarterで支援した話もよかったらどうぞ。
ゲーム全体の攻略については、既に大量の攻略情報で溢れているので網羅する予定はありません。
個人的に攻略のヒントなるかなと思う事や、IGAVANIAのファンとしての小ネタを集めた記事ですので、本格的な攻略の内容は期待しないでください。
内容的に、作品上の繋がりは全くありませんが、ファンならついつい反応してしまう「悪魔城」シリーズのネタが含まれます。
※徐々に書き足していこうと思います。

マップ踏破率100%には「カラボス」と「ディテクティブアイ」が便利

執筆時点で、踏破率は100%が最大。月下の夜想曲のように100%を超える事はありません。

ファミリア・シャード:カラボスについて

自力でマップ踏破率100%を目指すのは、なかなか大変。
IGAVANIAの代表作である、「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」をプレイしたことのあるプレイヤーはピンと来ると思いますが、
マップ踏破のパートナー(使い魔)といえば「妖精」。

今作では、ファミリア「カラボス」が妖精の役割を担っている。
カラボスは、ファミリア・シャードの一つで、悪魔図鑑No.17の「カラボス」から入手することができる。
出現エリアは、静寂の庭園。

カラボスを召喚した状態で、壊せる壁のあるエリアに行くと「ここが怪しいなぁ…」などのセリフとともに、怪しいポイントに近づいて教えてくれる。
見つけにくい床や天井が破壊できる際に、特に助かるサポートとなる。

また、カラボスはトロフィー「コンサート」を達成するためのキーになっている。
静寂の庭園にあるピアノに、カラボスを召喚した状態で座り、暫く待つと歌いだすのだ。

これは、「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」のセガサターン版等で、椎名へきるさんが声を務めた「妖精(または半妖精)」を召喚した状態で、
暫く待っていると「夜曲」という歌を歌いだす、というのを思い出す、ファンとしては何とも嬉しい演出だったりします。

ちなみに、カラボスは専用の回復アイテムがあり、所持していると瀕死になった際にエールとともに回復アイテムを使ってフォローしてくれたりもします。
攻撃性能は微々たるものですが、攻略の上で補助に大きく振り切ったファミリアであるといえます。

エンチャント・シャード:ディテクティブアイについて

ディテクティブアイは、悪魔図鑑NO.66の「シーカー」から入手することができる。
出現エリアは、禁忌地下水洞。
石化攻撃をしてくる上に、若干戦いづらい相手ではあるが、マップ踏破率を上げるには手に入れておきたいシャードだ。

可能であれば、ランク9まで錬成してスキル・シャードにまで育てたいところ。
スキル・シャードまで育てると、装備しなくても壊せる壁に近づくと透けて見えるようになる。

さらに、スキル・シャードに変化させると「範囲内にあるアイテムを取得できる」という効果を持つようになる。
ミリアムの周囲に緑色のリングが現れるようになり、そのリング内にアイテムがある場合、触れなくても取得してくれるという優れものだ。

錬成には「目玉」系の素材が必要になってくるので、シーカーから手に入る「悪魔の目玉」もそうだが、
トードから手に入る「蛙の目玉」とポイズン・トードから手に入る「邪悪な目玉」も集めておこう。

素材「金」集めについて

プレイヤーたちを苦しめる素材の一つが「金」で、正直素材集めでは金集めが一番面倒だと思う。
敵がドロップしないので、入手方法は以下になる。

  1. 金を解体→錬成して、ショップに並べて「買う」
  2. アイテムを解体して手に入れる
  3. 宝箱からのドロップを狙う

金を解体→錬成して、ショップに並べて「買う」

初めて「金」を手に入れる事が出来たら、一度解体してすぐに錬成する。
錬成したアイテムはショップに並ぶので、ショップに並べる事が出来れば買う事が出来る。
ただし、価格が15,000Gと高価なので、金策が無ければ簡単には買いだめできないという難点がある。

アイテムを解体して手に入れる

アイテムを解体すると、錬成に必要な素材が手に入ることを利用する。
つまり、金が素材に含まれるアイテムを手に入れて解体すれば、金が手に入るということ。

個人的に活用したのは、悪魔辞典No.65のグラシュテインがドロップする「アイムール」という武器。
金を素材とするアイテムではフレイムメイルもあるが、必要なアルカヘストの数が10個で済むアイムールの方が解体コストが安い。
また、グラシュテインは画面切り替え後すぐに出現する場所があるので、狩りにも向いている。

宝箱からのドロップを狙う

本作では、水色の宝箱はエリアを出入りすると何度でも復活するので、これを利用する。

  1. 隠匿されし砂漠のワープゾーンからマップ左側に向かって宝箱を開けながら進む(砂の中に埋まっている宝箱もある)
  2. 禁忌地下水洞に抜けたらすぐ左下のワープゾーンから隠匿されし砂漠のワープゾーンに戻る

これを繰り返して、金を地道に集めていく。
体感では、取得率はそんなに高くないので、正直根気がいるかなと思う。

個人的には解体と宝箱で集めた

  1. まずグラシュテインを狩りまくって「アイムール」を数十個確保
  2. 宝箱からのドロップを狙いつつ、アミーが落とす「アルカヘスト×2」を集めておく
  3. アルカヘストが90個を超えたら、アイムールを解体して金を9個手に入れる

最初のグラシュテイン狩りは少々面倒だが、この方法なら宝箱狩りを無駄にせず金集めができる。
また、隠匿されし砂漠の宝箱からはマホガニー材やクリスタルも出るので、うっかり99個を超えていた、なんてことにならないように注意。
錬成するのに必要以上の数になるようなら、売ってお金に変えてしまおう。

急ぐなら、そのお金でショップから金を買うのも良いだろう。

リンジーのクエストは複数受注できる

私は途中まで気づかなかったのですが、リンジーのクエストは、受注時に複数選択可能です。
1つずつクリアしないといけないわけではないので、新しいターゲットが受注可能になったらまとめて受注してしまいましょう。

ちなみに、クエスト名に表示される村人たちの名前の一部は、悪魔城ドラキュラシリーズのキャラクターを連想させる名称になっています。
※ただし、前述のとおり本作は悪魔城シリーズとは関連が無いので、あくまでファンとしてクスッとなるというお話。

クエスト名 連想させるシリーズ
ロザリーの敵! 悪魔城ドラキュラ~闇の呪印~にて、主人公ヘクターの恋人の名前がロザリー
アネットの敵! 悪魔城ドラキュラX~血の輪舞~にて、主人公リヒター・ベルモンドの恋人の名前がアネット
リサの敵! 悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~にて、主人公アルカードの母親の名前がリサ
マティウスの敵! Castlevaniaにて、主人公レオン・ベルモンドの親友の名前がマティアス・クロンクピスト
ソレイユの敵! ドラキュラ伝説Ⅱの主人公クリストファー・ベルモンドの息子の名前がソレイユ・ベルモンド
ジュストの敵! Castlevania~白夜の協奏曲~の主人公の名前がジュスト・ベルモンド
リヒターの敵! 悪魔城ドラキュラX~血の輪舞~の主人公の名前がリヒター・ベルモンド
ユリウスの敵! Castlevania~暁月の円舞曲~、悪魔城ドラキュラ~蒼月の十字架~に登場するベルモンドの末裔がユリウス・ベルモンド

ショートカットとシルバーナイトは2周しないとランク9にできない

スキル・シャードの「ショートカット」と、ファミリア・シャードの「シルバーナイト」は
マップ内で取得するしか方法が無く、1周目ではランク5までしか上がらない。
ランク9にしたければ、最低2周する必要がある。

ブラッドブリンガーはレベルを上げると姿が変化する

ファミリア・シャードの「ブラッドブリンガー」は、レベルを上げていくと3段階で姿が変化する。
初めはシンプルな長剣のような姿だが、Lv25、Lv50、Lv75と徐々に姿が変化していき、Lv75でシャード選択時の姿に変化する。
ちなみに今回は「百なる一の剣」的な専用技は無い。
また、Lv99にしても特に姿に変化はありません。

オススメのシャード

ファミリア・シャードを除くそれぞれのカテゴリで、オススメのシャードを紹介。

トリガー・シャード

初期にオススメ

レイジングゲイル

悪魔図鑑No.4のアエローから入手できるシャードなので、序盤から手に入れる事が出来る。
障害物を超える事は出来ないが、攻撃速度が速く地上の敵を狙える飛び道具として便利。
私が序盤に一番お世話になったトリガー・シャード。消費も少ないので扱いやすい。

中盤~後半にオススメ

ヒドゥンダート

悪魔図鑑No.86のニンジャから入手できるシャードで、終盤の入手だが育てると凶悪。
出が早く弾速もあり、障害物は超えられないが前方をほぼカバーできるうえに、1発1発に当たり判定があるためショットガンのように使える。
大型の敵などに至近距離から全弾命中させると、終盤なら1発で2000近いダメージが期待できる。
アビスガーディアンさえも1発で仕留められるようになるので、経験値稼ぎの心強い武器となる。

ジーベルのメガネを手に入れた後

アックスストライク

悪魔図鑑No.101のGアックスアウトサイダーから入手できる、本当に終盤で手に入るシャード。
消費が120と大きくそのままでは扱いづらいが、全シャードを集めると手に入る装飾品「ジーベルのメガネ」と組み合わせると凶悪化する。
1撃で800程度のダメージ、さらに地面を這う衝撃波にも当たり判定があり、地上の敵を次々に粉砕する。
特筆すべきはその攻撃範囲で、頭上から足元までをカバーできるので、実は入り口から動かなくてもレブナント等の上位悪魔をノーダメージで
倒す事さえ可能な攻撃範囲とリーチを持つ。
ただし、当たるまでが遅いので動きの速い敵には向かない。

単発高威力

ドラゴニックレイジ

悪魔図鑑No.43のドラゴンから入手できる。リブリ・エクス・マキナで出会ってゲットできたとしても、消費が120と大きく使う機会は少ないように思う。
ただ、見た目も派手で単発の威力としては非常に高い。
ランクを上げていくとサイズアップしていき、ランク9では単発で1500程度のダメージが狙える。
ただし出が遅いので、使いどころを選ぶのが難点。

サモン・ヘルハウンド

悪魔図鑑No.79のヘルハウンドから入手できる。消費が200な上に「サモン系」はネタ要素が強いので、スルーする人も多いのでは。
ただこのシャード、ギーレムントの上位互換かと思いきや全く別物で、ランク9まで上げるとミリアムの前方を高威力で攻撃できる。
ダメージは3000が狙えるというとんでもない高火力な上に出が早い。
攻撃範囲が狭いのがネックだが、きっちり狙えば最強クラスのダメージが叩き出せる。

エフェクティブ・シャード

アクセラレイターばかりが注目されるが、他のシャードも育てると面白い。
発動中はMPを消費し続けるので、できれば「ジーベルのメガネ」と組み合わせたい。

ビーストガード

悪魔図鑑No.30のウルフマンから入手できる。
ランク1では小さくて心もとないが、ランクを上げると大きくなっていき、ランク9では前方をフルカバーできる。
敵からの攻撃も敵本体の当たり判定もガードするので、鉄壁の防御となる。
上級悪魔との戦いやボス戦でも活躍の余地があるシャード。
あまりにガードしまくってくれるので、笑えてくるほどガードが固くなれる。

ワイルドスクラッチ

悪魔図鑑No.95のシルバーウルフマンから入手できる、終盤のシャード。
ビーストガートと同じでウルフマン系のシャードだが、こちらは攻撃系。
ミリアムの前方にシルバーウルフマンがせり出して攻撃してくれる。
ランク9まで育てると、かなりの速度で攻撃を繰り出すので、手数の多いルァハ・ヴェラーなどと組み合わせるとさらに凶悪。

シャドウトレイサー

悪魔図鑑No.120のドッペルゲンガーから入手できるシャード。
錬成には「クッキー」などのスイーツが必要なあたり、ミリアムの分身らしくキュートだなと思う。
ランク9まで上げると影分身は3体まで増え、本体と合わせて4人になる。
影分身の攻撃にも当たり判定があるので、手数の多い攻撃を繰り出すととんでもないことになる。
まるで、某シューティングゲームのオプションが付いてくるような使い勝手である。
影分身を空中に置いて攻撃させる、なんてことも可能。

チェンジバニー

悪魔図鑑No.41のリリムから入手できる。
かわいい。
実は、変身中はステータス画面のグラフィックも変化する。
ステータス画面のグラフィックは、ヴァルキリードレスを装備した時、ショベルナイトの鎧を装備した時、チェンジバニー発動中くらいで
数が少ないので、貴重だったりする。

ディレクショナル・シャード

チェイスアロー

悪魔図鑑No.53のレラージェから入手することができる。
ストレイトアローとの違いは、追尾性能があるかどうか。
その追尾性能は決して高くはないのだが、ランクを上げておくと発射数が増えるため、序盤~中盤にかけて重宝する。

デプス・オシウス

悪魔図鑑No.38のケライノーから入手することができる。
このシャードは個人的に愛用しているのでとくにオススメ。
雷撃が障害物関係なく敵を追尾して攻撃するので、画面全体攻撃に近い攻撃方法となる。
ランク9まで上げなくても十分強力で、敵の数が多い時や、画面切り替わりのぶっ放しでも多くの敵を一掃できてしまう。
ただし狙って当てる事は出来ないので、撃つタイミングによっては無駄撃ちしてしまうこともある。

ティス・ロザイン

錬成で作ることができる、ティス・レイフの上位シャード。
「悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印」のグリフ「ニテンス」のような、直線系の光線を打ち出す。
多段ヒットしてくれればいいのだが、残念ながら性能はそこまで高くない。
ただ、ランク9の光線は驚くほど太いので迫力があってカッコイイ。

エンチャント・シャード

サブマリナー

悪魔辞典No.65のグラシュティンから入手することができる。アイムール入手といい優秀な悪魔である。
サブマリナーを装備していると、水中での移動速度が上がるうえに徐々にHPが回復する。
私はショートカットの一つに、サブマリナーとアイギスの胸当てを装備したセットを設定している。
水中は動きが鈍くなるため、このシャードが役立つ。

武器系マスタリー

定番だが、武器系マスタリーは外せない。
使う武器に応じて装備すれば、攻撃力が上昇し攻撃速度も上がる。
お気に入りの武器種のマスタリーは優先的に育てておきたいところ。
ただ、錬成の素材が武器そのものなので、錬成するなどして手に入れないといけないのが少々辛い。
特にランク8と9にするには上位武器が求められるという点に注意だが、育てる価値はある。

オススメの奥義

武器の中には「奥義」が使用できるものがあり、この奥義には熟練度が設定されている。
熟練度を最大まで上げると「奥義習得」となり、同系武器でその奥義が使用可能になる。
個人的なオススメ奥義はカタナ系で、かなり強力。
正直、固有技もっとあってもよかったんじゃない?と思うのが残念なところ。

迅雷(刀)

この奥義が、奥義単体では最強だろうと思っている。
とんでもなく長いリーチ、高い攻撃力を持っている優秀な奥義。
特筆すべきはそのリーチで、ミリアムは始点から終点にかけて「貫通」するので、間で敵が攻撃していようが無敵。
かなりリーチが長いので、アビスガーディアンなどの大型の敵も軽々と貫通し、後続の敵まで倒せてしまう。
しかも敵を貫通して無敵なので、強敵相手でも隙なく奥義で行き来すればMPが持つ限りダメージをほぼ受けずに戦える。

土壇場返し(刀)

いわゆる「当身技」なので、苦手な人もいるだろうが個人的にはオススメ。
反撃時の威力が高く、取れれば確実に返り討ちにできる。
それに、当身技はアクションゲームのロマン。「見切った!」といって相手を返り討ちにしてやろう。

ペネトレイト(槍)

高速でダッシュしながら敵をなぎ倒していく突進技。アクセラレイターが無い場合、この技で(MPは消費するが)移動するのもアリ。
技を止めない限り突進し続けるので、平地で狩りをするのに便利。

IGAVANIAファンなら反応してしまう小ネタ

  • トロフィー「デジャヴュ」の元ネタは、「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」で、蔵書庫の主を魔導器「浮身のブーツ」のハイジャンプで下から突き上げると、アイテムが手に入るという小ネタ。ファンからすれば「どっかで見たなぁ」ということで、デジャヴュと思われる。
  • ジーベルをそのまま倒してしまうとバッドエンディングになるが、これは「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」で、悪魔神官シャフトに操られて城主にされたリヒターをそのまま倒してしまうとバッドエンディングになってしまったのを思い出す。当時は、シャフトの影を見抜く「聖なるメガネ」が必要だった。
  • 上級悪魔のレブナント、演出といいデザインといいどう見てもベルモンド。手に入るシャード「ルーインビーク」は、正にサブウェポン「クロス」。せっかくなら隠しコマンドでグランドクロスが発動できたりしたら最高だった。
  • ルーインビーク以外に、サブウエポンを思い出させる「ナイフ」のようなディレクショナル・シャードの「シューティングダガー」と、「斧」のようなトリガー・シャードの「スローアックス」がある。これに鞭を装備すれば、悪魔城風のプレイが楽しめる(かも)
  • 特殊剣「ルァハ・ヴェラー」だが、「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」でゲームバランスを崩す強さを誇ったレア武器「ヴァルマンウェ」を髣髴とさせる性能になっている。相変わらずの切れ味である。
  • 二段ジャンプが可能になると飛び蹴りが可能になるが、この飛び蹴りは燭台にもヒットする。このテクニックを使えば、ハイジャンプが無くても高いところに上がることができる。実際、ディアン・ケヒト大聖堂など、このテクニックがあればハイジャンプやリフレクションレイが無くても上がれる場所があったりする。
  • ファミリア・カラボスは、ミリアムが椅子に座ると肩に乗ってくる。かわいい。
  • バンディットブレードの固有技「バックスティール」は、まるで「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」のアルカードソードの固有技のよう。

そのほかの小ネタ

  • ミリアムのニュートラル状態で、↑を押しっぱなしにするとポージングを決める。さらに押し続けるともう一度ポーズを変える。
  • サモン・チェアで召喚した椅子には、座ることができる。個人的にはフィールドの全ての椅子に座る実績とか、どこかで椅子を召喚して呼び出して座るとイベントが起きるとか、期待したんだけどなぁ…

<スポンサードリンク>

宜しければこちらもどうぞ

コメントはお気軽にどうぞ(承認制)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。